MENU
カテゴリー
≫このブログのテーマ「SWELL」をみてみる

スマホでオーディオブックを聴く場合どのくらいデータ通信量を使用するのか?

オーディオブックのデータ通信量
  • オーディオブックを聴くとどのくらいデータが使用される?
  • オーディオブックには大量のデータが必要?
  • データを使用せずにオーディオブックを聴くには?
悩めるひと

オーディオブックユーザーです。外でオーディオブックを聴く場合、データの通信料が心配です。

ジャパガイ

スマホは通信制限が心配になりますよね。
しっかりと通信量を把握しておきましょう!

この記事では、スマホでオーディオブックを聴く場合にかかるデータ通信量について解説をします。

オーディオブックって何?って方は以下の記事をチェックしてみてください!
≫オーディオブックについての記事はこちら

この記事で解決できる悩み
  • オーディオブックのデータ通信量
  • データの節約方法
  • 音質:高音質と標準の違い

今回検証したオーディオブックサービスはaudiobook.JPとAmazonオーディブルの2社です。この記事での「オーディオブック」はこの2社のサービスのみに限定しています。

この記事を書いた人
ジャパガイ

≫運営者プロフィール

目次から飛べます

オーディオブックのデータ通信量

オーディオブックのデータ通信量は?

ではさっそく、オーディオブックのデータ通信量をみていきます。

結論:オーディオブックにかかるデータ通信量は、ある条件下においては意外と多い

オーディオブックタイトル1本あたりのデータ通信量は低めですが、聴き放題プランなので大量にダウンロードする場合は注意が必要です。

また、ある条件下とはオーディオブック自体の容量が多かったり、DL音質を高音質にしている場合を指します。



では、どのくらいなのか実際のデータの平均した数字をもとに確認していきます。

オーディオブックのデータ通信量
  • アプリによる「高音質のダウンロード」を行なった場合
    • 再生時間1時間あたり約30MB~60MB
  • オーディオブックのタイトル容量
    • 5時間のものであれば約150MB~300MB
    • 10時間のものであれば約300MB~600MB
    • 33時間前後で1GBに到達する
  • 1GB=1000MB
  • (例)Audibleから「ソロモンの偽証」小説
    • 14時間3分=420MB

1時間あたりのブレはAmazonオーディブルとaudiobookJPのサービスによる違いです。

どちらも高音質での比較ですが、audiobookJPの方が、Amazonオーディブルよりデータ通信量が1.5倍ほど高いことがわかりました。

オーディオブックのタイトルによって時間は違いますが、小説を読まれる方なら1冊10時間以上が目安ではないでしょうか?


そういったタイトルを多く読まれる方は、データ通信量に注意が必要になります。

以上が、オーディオブックのデータ通信量についてでした。

次に、オーディオブックのデータ通信量を節約する方法をみていきます。

オーディオブックのデータ通信量を節約する方法

オーディオブックのデータ通信量の節約

オーディオブックをダウンロードする場合にデータ通信量を気にせず使う方法を紹介します。

オーディオブックのデータ通信料を節約する方法

アプリで使用する場合、Amazonオーディブルでは音質の設定変更ができますが、audiobookJPは不可。

ただし、audiobookJPをブラウザでダウンロードする場合は音質を選べます。

128kbpsと64kbpsでは、64kbpsの方が容量が軽い反面音質が劣化します

引用元:audiobook.jp公式ページ

Wi-Fi環境でオーディオブックをダウンロードする

一度ダウンロードしたオーディオブックデータはオフラインでも再生できます。

そのため、Wi-Fiのある環境でタイトルをダウンロードしておけばデータの通信量を節約できます。

一度ダウンロードしたデータは機内モードでも聴くことも可能。

ジャパガイ

ストリーミングとは、インターネットに接続した状態で音声データなどが楽しめる再生方式です。YouTubeなんかもそう!

悩めるひと

audiobookJPならストリーミング再生ではないから安心ですね!

注意:Amazonオーディブルには2022年1月27日からコイン制から聴き放題制に移行し、それに伴いストリーミング機能も追加されます。今まで通りダウンロード方式もあります

「高音質のダウンロード」から設定を変える

Amazonオーディブルでオーディオブックを使用している場合に限りますが、ダウンロードの設定を変更することができます。

設定は簡単、Amazonオーディブルのアプリを開いて、「プロフィール」から右上の「⚙設定ボタン」のあとに「データ&ストレージ」から音質を「標準」に設定します。

オーディオブックのデータ通信量比較
  • アプリによる「標準のダウンロード」を行なった場合
    • 再生時間1時間あたり約15MB
  • アプリによる「高音質のダウンロード」を行なった場合
    • 再生時間1時間あたり約30MB


外出先などでWi-Fiが無いなか、どうしてもオーディオブックをダウンロードする時にデータが心配な場合は「標準のダウンロード」に設定を変更するだけでデータ通信量を半分に減らせます。

オーディオブックの音質:標準と高音質の違い

先ほどの章で、「高音質のダウンロード」から設定を変えると節約ができると解説しましたが中には「標準にすると低音質になってしまうのではないか?」と疑問に思う人もいると思います。

私がAmazonオーディブルで高音質と標準の違いを検証した結果、わかったことは「ファイルの大きさ」のみです。



音質には何ら変化の違いを感じませんでした。


私のなかの結論では常に「標準でOK!

ジャパガイ

2つの違いに興味がある方は実際に聴き比べてみてください♪

まとめ

この記事では、スマホでオーディオブックを聴く場合にどのくらいのデータ通信量を使用するのかについて解説してきました。

以下にこの記事のまとめを書いておきます。

この記事のおさらい

オーディオブックの通信量は意外に多い

  • 「高音質のダウンロード」を行なった場合
    →再生時間1時間あたり約30MB〜50MB
  • オーディオブックのタイトル容量
    →5時間のものであれば約150MB~300MB
    →10時間のものであれば約300MB~600MB
    →33時間前後で1GBに到達する

データ使用量が心配な場合

  • Wi-Fi環境でデータをダウンロードする。
  • 設定で「高音質」から「標準」に変える。

読者のみなさんに良いオーディオブックライフを!


まだオーディオブックを始めていない方は今なら無料体験ができますよ。

≫Amazonオーディブルを無料体験する

≫audiobook.JPを無料体験する

また、それぞれの特徴を知りたい方は以下の比較記事をチェックしてみてください!

ジャパガイ

この記事はここで終わりです。お読み頂きありがとうございました♪

オーディオブックのデータ通信量

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

Twitterでシェアしていただけると飛んで行きます!
目次から飛べます
閉じる